墨田区地域・医療・美容の情報サイト

墨田区時間 - 地域情報ポータルサイト
墨田区時間 - 地域情報ポータルサイト
地域情報 - 食べる、楽しむ、暮らす、学ぶ 医療情報 - 医院・病院、歯科医院、接骨院・治療院、動物病院 美容情報 - 美容室・理容室、エステ、ボディケア、スパ・ダイエット
墨田区時間 > 医院・病院 > こだま内科

こだま内科

AMBカテゴリ
地域情報 地域情報
食べる 食べる
楽しむ 楽しむ
暮らす 暮す
学ぶ 学ぶ
医療情報 医療情報
医院・病院 医院・病院
歯科医院 歯科医院
接骨院・治療院 接骨院・治療院
動物病院 動物病院
美容情報 美容情報
美容室・理容室 美容室・理容室
エステ・ネイル エステ・ネイル
ボディケア ボディケア
スパ・ダイエット スパ・ダイエット
カテゴリ
インタビュー インタビュー
求人情報 求人情報
クーポン情報 クーポン情報
イベント&ニュース イベント&ニュース
近所の映画情報 近所の映画情報
おススメ情報 おススメ情報
ウェブチラシ ウェブチラシ
掲示板 掲示板
簡単レシピ 簡単レシピ
医療の豆知識 医療の豆知識
美容の豆知識 美容の豆知識
フェイスブック フェイスブック
モバイル
QRコード
墨田区時間
モバイル!
サーチ

Google Yahoo!
リンクス
facebook
YouTube
江戸川区時間
江東区時間
葛飾区時間
東京スカイツリー投稿クラブ - ソラノキ
都筑区.jp 青葉区.jp
宮前区.jp 高津区.jp
RSS RSS配信について
小玉 博明 院長
インタビュー
小玉 博明 院長 コダマ ヒロアキ
HIROAKI KODAMA
こだま内科
生年月日:1962年12月5日
出身地:兵庫県
血液型:B型
趣味・特技:ランニング
好きな本・愛読書:数学関係、医学書
好きな言葉・座右の銘:努力
好きな音楽:ジャズ
好きな場所・観光地:スポーツクラブ
■院長が医師のお仕事を志したきっかけをお聞かせ下さい。
一つ目は自分の叔父(伯父)が外科医だったことですね。勤務医でしたが、色々教えてもらうことがありましたから。二つ目は自分自身が小さい頃に病気をしていたことです。そして三つ目は研修医の時に救急部を回っていた時の経験、いわゆる心室細動(不整脈)の方をAEDで蘇生した時に循環器の医師になろうと思いました。
具体的に「いつ」というものではなく、本当のものに触れる度に「医者」に近づいて行ったいうことだと思います。小学生の頃はあくまで「形」でしかなかったものが、中・高に入るともう少し「医者」というものがわかってきて、大学に入ると本当に勉強して医学を知るわけです。そして卒業して、研修医になって本物の人間に触れるわけですから、その時に何をしようかと思うものではないでしょうか。
向き不向きや、自分の性格的なものもあるでしょうが、年を負うごとに色々な人に出会って道は決まっていくのではないかと思います。

小玉 博明 院長 小玉 博明 院長

■院長が内科医を選ばれたのは何故でしょうか。
外科と内科では患者さんとの付き合い方が違いますし、外科医として求められるもの、内科医として求められるものも違います。私も心臓外科の先生とお付き合いがありますからわかりますが、途中で投げ出すなんて決してできないし、そこまでの道のりも大変なものがあります。何時間にも及ぶ手術はそれだけの決断も要求されますし、やはり「手術をする」ということは非常に大変なことなんです。
 一方で、内科医は第一線で人の話を聞くことが中心になります。外来が多い分、患者さんと話す時間が多いですからね。外科の先生を尊敬していますし、素晴らしいと思いますが、私の場合は「人と話す」という内科医としての性格が性に合ったんでしょうね。

■院長が診療の際に心がけていることをお話し下さい。
小玉 博明 院長初診の方の場合、最小限の時間と限られたお金で、最大限の効果と結果を出すことを心がけています。大学病院だと検査の為に何時間も待ったり、何日も待ったりすることがありますが、開業医はその場で検査して、その場で結論を出すことができます。お金がかかるのに何時間も待たせられては、患者さんにメリットがないでしょう? 来て下さった患者さんの時間やお金を最小限に抑えて、結果を出さなくてはならないと感じますね。
再診の方の場合は、「絶対に病気にしたくない」という思いで診ています。自分のところにずっと通っている人が病気になったら悲しいですからね。絶対に心筋梗塞や脳梗塞などにならないように、お話をうかがって未然に防げるように心がけています。かかってくれている患者さんが心臓病になってしまったら、「何をしていたんだ」って悔んでしまうでしょうからね。とにかく、自分のところにせっかく来てくれている患者さんは守りたいですね。

■院長が内科の中でも「循環器」※を志された理由をお聞かせ下さい。
医者になって医学を学ぶ中で循環器をやりたいと思うようになっていったんですが、本当に「循環器をやりたい!」と志したのは研修医の時、命に及ぶような致死性不整脈の患者さんをAEDで蘇生した時に「あぁ、これを仕事にしよう」と思いましたね。

※院長は循環器専門医、総合内科専門医です。

■最後に地域の皆様にメッセージをお願い致します。
慶応義塾大学医学部出身で、循環器専門医、内科専門医、総合内科専門医でもあります。専門医としての経験と、都内の大学病院、基幹病院での臨床経験を生かして、総合病院と同等レベルの医療を地元の皆さんに提供していきたいと考えています。
また、土日も診療しているため、最近では遠方からお越し下さる方も多くなりました。遠方から来て下さるのは嬉しいのですが、本来は既存の患者さんの検査に充てたり、平日は忙しくて説明が不足している方の為の時間にしているので、お越しになる際にはご連絡を頂ければと思います。
これからも地域密着型の医療を提供して行きたいと思いますので、宜しくお願い致します。

※上記記事は2012.2に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。


インタビュー一覧 インタビュー一覧はこちら
水上・遠山法律事務所 墨田区ドクターズ フットケアサロン SEN 新築住宅・リフォームなら株式会社新翔 サンストリート歯科クリニック 株式会社アートブルー
のかりや歯科 東京ドクターズ 韓国語教室 シナブロ 龍咲杏のお気軽DAY'S 青木歯科医院 港北肛門クリニック
スキンケア上野クリニック キラキラママの会 浅野歯科医院 かおるペインクリニック 救命講習 お見舞いグッズ - ナオルヤ