墨田区時間 - 地域情報ポータルサイト
墨田区時間 - 地域情報ポータルサイト
地域情報 - 食べる、楽しむ、暮らす、学ぶ 医療情報 - 医院・病院、歯科医院、接骨院・治療院、動物病院 美容情報 - 美容室・理容室、エステ、ボディケア、スパ・ダイエット
墨田区時間 > 医院・病院 > 赤い羽根診療所

赤い羽根診療所

AMBカテゴリ
地域情報 地域情報
食べる 食べる
楽しむ 楽しむ
暮らす 暮す
学ぶ 学ぶ
医療情報 医療情報
医院・病院 医院・病院
歯科医院 歯科医院
接骨院・治療院 接骨院・治療院
動物病院 動物病院
美容情報 美容情報
美容室・理容室 美容室・理容室
エステ・ネイル エステ・ネイル
ボディケア ボディケア
スパ・ダイエット スパ・ダイエット
カテゴリ
インタビュー インタビュー
求人情報 求人情報
クーポン情報 クーポン情報
イベント&ニュース イベント&ニュース
近所の映画情報 近所の映画情報
おススメ情報 おススメ情報
ウェブチラシ ウェブチラシ
掲示板 掲示板
簡単レシピ 簡単レシピ
医療の豆知識 医療の豆知識
美容の豆知識 美容の豆知識
フェイスブック フェイスブック
モバイル
QRコード
墨田区時間
モバイル!
サーチ

Google Yahoo!
リンクス
facebook
YouTube
江戸川区時間
江東区時間
葛飾区時間
東京スカイツリー投稿クラブ - ソラノキ
都筑区.jp 青葉区.jp
宮前区.jp 高津区.jp
RSS RSS配信について
直塚 康史 院長
インタビュー
直塚 康史 院長 ナオツカ ヤスシ
YASUSHI NAOTSUKA
赤い羽根診療所
生年月日:1941年10月3日
出身地:愛知県
血液型:A型
趣味・特技:テニス、ゴルフ、ミュージカル鑑賞
好きな本・愛読書:臼井吉見(文芸評論家)さんの著書「安曇野」
好きな映画:ジーザス・クライスト・スーパースター 、アラビアのロレンス
好きな言葉・座右の銘:やりたいことをやりたい時にやる
好きな音楽:ミュージカル音楽
好きな場所・観光地:
■院長が医師の道を志したきっかけをお聞かせ下さい。
父は産婦人科の開業医でしたが、私は継ごうとする気は全くなく、当初は医療の道にも進もうなんて思ってもいなかったんです。確かに父親の医師としての姿は見ていましたが、自分の進む道とは別のものと思っていました。それこそ、理科が好きな、理系だったので工学部に行きたかったぐらいです。それが高校生の時、進路を考える際に、ふと、人の役に立つ仕事に就きたいと思いました。それで名古屋大学の医学部を受験して、この道に進みました。父は、私が医学に興味がないのをわかっていたのか、進路を決める際も「継ぎなさい」とは言いませんでした。私が医学部に合格した時には「受かったらしいよ」と、周りに言っていたそうです。

直塚 康史 院長 直塚 康史 院長

■直塚先生が「赤い羽根診療所」にいらっしゃるまでの経緯をお話し下さい。
私は大学に長くいて、ずっと腎臓の研究をやっていました。その中で研究も良いけれどやはり臨床が面白いと思いまして、腎臓内科の方に移りました。大学病院で臨床経験を積んでいましたが、数年後にそろそろ親孝行でもしようかと思い立ち、親が開業していた東京に来ました。ただ、親孝行とは言いましたが、父の病院は産婦人科ですし、私自身には開業したいという気持ちがありませんでした。それで、東京に出てきた後は大学の教授の紹介で墨田区の「同愛記念病院」に勤めました。定年まで長く勤めまして、その後、同愛記念病院に併設されている老人ホームで責任者として勤めた後、「赤い羽根診療所」にきました。

■「医療法人財団たすけあい 赤い羽根診療所」の概要・特徴を教えて下さい。
直塚 康史 院長「赤い羽根診療所」は戦前に作られた診療所です。当時の近隣の社長さんなど、有志が集まって作った診療所で、院名の「赤い羽根」は基金の赤い羽根とは関係がありません。儲け意識があって作ったわけではなく、病院のなかったこの地域に医療施設を作りたいと考えてできた診療所です。
 診療科目は一般内科で、患者さんは地元の方が多いです。当院では治療が難しい症状や病気の場合は、同愛記念病院などの提携病院にご紹介出来ますので、地元の方にとって、最初にまず行ける診療所としての位置付けでやっている診療所です。

■院長が診療の際に心がけていることはなんでしょうか?
患者さんに良い診療をしたいということですね。当たり前のことですが、患者さんの話をちゃんと聞いて、何を望んでいるのかに耳を傾けています。ただ、私は話を切るのが下手でしてね、ついつい患者さんの話に聞き入っちゃうんです(笑)。「患者さんも話したいだろうし」なんて思っていると、待っている患者さんが「先生、待っているんだから。患者さんの話を聞きすぎだよ」なんて言われちゃうんですよ。でもね、その人も自分の番になるとやっぱり話したいことがあるみたいで、たくさん話してなかなか帰らないんですよ(笑)。
今でも患者さんの話をどこまで聞くかがジレンマですが、話したいと思われるのは有り難いですね。

■最後に地域の皆様にメッセージをお願い致します。
患者さんが元気になって、喜んでくれるのが嬉しくて、この仕事を続けてきました。昔は腎臓内科を中心にやっていましたが、今は一般内科として内科診療を幅広く見られるようにやっています。皆様の総合診療医として、これからも診察、治療にあたって行きたいですし、相談や愚痴も気軽に言ってもらえるような医師でいたいです。
重症の患者さんの場合、御本人がご希望される病院への紹介状も書きますし、近くの同愛記念病院にも紹介出来ますので、とにかく気軽に、安心してお越し下さい。

※上記記事は2012.8に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。


インタビュー一覧 インタビュー一覧はこちら
東京ドクターズ 水上・遠山法律事務所 スキンケア上野クリニック 青木歯科医院 新築住宅・リフォームなら株式会社新翔 株式会社アートブルー
キラキラママの会 浅野歯科医院 フットケアサロン SEN 救命講習 のかりや歯科 サンストリート歯科クリニック
墨田区ドクターズ かおるペインクリニック お見舞いグッズ - ナオルヤ 韓国語教室 シナブロ 港北肛門クリニック 龍咲杏のお気軽DAY'S